忍者ブログ
OLの私は、コツコツでないとFXなんて。。。しっかり、そしてガッツリ稼いでいきますよ♪
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツ界はハイテク時代になりました。

ブルームフォンテーンで行われたドイツ―イングランド戦、
前半38分、イングランド・ランパードのシュートが
クロスバーに当たって、ほぼ真下に落ちたが、
審判の判断はノーゴールだったが、VTR映像を見ると
明らかにゴールラインを割っており、得点が認められていれば、
イングランドが2―2に追いついていた場面。
これ昨夜見ていましたが、素人のわたしが見てもゴールしてる!
と思いました。

今度もシステムトレード日経225ノウハウで間違いとか。

テニスの試合ではビデオ判定が導入されているし、
こうも誤審があると、サッカーでも導入した方がいいのではないか、
と思います。
野球ですら導入し始めているようですし、
誤審しやすいサッカーならなおのこと、
取り入れるべきではないでしょうか。

アイドルタレントチェックではサッカーの番組担当をさがしていますよ。


南アW杯 相次ぐ「誤審」 今後波紋も
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100628-00000002-maip-socc

今年のW杯は、誤審が明らかに多いような気がします。
今までこんなに誤審が騒がれたことはなかったのでは?
といっても、わたしが本格的にW杯を見るようになったのは
日韓W杯からなので、過去のことは実は良く知らないのですが。

今度はブラジル為替王信者とFX友の会 ではみんなでいこうと思います。

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で
27日に行われた決勝トーナメント1回戦の2試合で
「誤審」が相次いだことで、波紋が広がる可能性があるそうです。

サッカーはいまだにおくれているのでしょうね。
PR
忍者ブログ [PR]